読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どまんなか

ただのジャニオタ日記です

とつかくんのことを好きになったときのお話

 

突然だしいつの話やねんという感じですが、思い立ったが吉日、残しておこうかなという気持ちになったのでつらつらと書きます
 
とつかくんとの出会いは2005年頃なんです。KAT-TUNが少クラ出てた頃です。
エンディングで言うとShining day!No.1!の時です懐かしいね〜あの時の仁くんかっこよかったよね
わたしは当時関ジャニ∞の大倉くんが好きで、大阪レイニーブルースと好きやねん、大阪をなけなしのお小遣いで買ってビデオに録画したエム◯テを何回も見て振りを覚え、給食の時間にたくさん聴けるように、放送委員会の友達にパワープレイにしてもらったりしていました(強引)
 
父の仕事の都合で7回引越しをしていたのですが、ちょうどその頃に転校してきた学校で一番に仲良くなった女の子がいたんです。Nちゃんていうんですけど、とっても運動ができてサバサバしていて男勝りなところがあって。そんな彼女がある日突然KAT-TUNの上田くんにハマったんです。
関ジャニしか興味がない、少クラの存在すら知らない、ドル誌もお金がなくて買えないわたしに毎日のようにドル誌を見せてくれては、上田くんがかっこいい上田くんがかわいい上田くんの唇がとても良い、と耳がタコになるほど聞かされ、少クラのビデオを見に彼女の家に通う毎日でした。
 
それからしばらく経ってわたしの関ジャニ熱もすぐ落ち着き、Nちゃんからも上田くんの名前をあまり聞かなくなってきた頃、今度はまた別のグループ、別の男の子の名前を聞くことになるんです。
「A.B.Cのかわいくんがね〜〜‥‥‥」
 
おもむろにドル誌を開いて見せてくれたページにいた4人組の男の子のうち、茶髪でつんつんヘアーにキリッとした顔立ちの河合くんを指差したのを今でも覚えています。
関ジャニが好きだと言いながら、ジャニーズJr.の存在すら知らなかったわたしに、また新しい風が吹きました。
 
はじめのうちはNちゃんと一緒に河合くん!河合くん!とはしゃぐ毎日でしたが、次第にわたしはその隣にいた少し伸びたさらっさらの黒髪をなびかせる色の白い儚げな男の子に目を奪われていきました。
それが戸塚くんとの出会いです。
 
時々大声を出したり意味のわからないことを言うので(10年後も変わってない)最初はちょっと怖い人だなと思っていたんです。
でも戸塚くんの笑顔を一度見てしまうともう終わりですね、一瞬でメロメロでした。
 
それからしばらくNちゃんとふみとつを追い、小学校を卒業し、同じ中学校に進むもお互い強豪の部活動に力を入れる日々になり、Nちゃんはvision factoryのある3人組に心を奪われ、わたしは次第とジャニーズから離れ、小学生の頃から大好きだったロードオブメジャーを中心にロックバンドに熱を注いでいきました。
 
別々の高校に進み、Nちゃんは立派なvisionヲタになり、わたしは自分でバンド活動をしながらキッズになり、そこで彼女との連絡が途絶えました。今までありがとう、わたしにジャニーズを教えてくれてありがとう、Nちゃん。
 
その後大学に進んだわたしは続けてバンドの道を歩む中、乃木坂46と出会います。
正直めちゃくちゃお金使いました。初めて、アイドルにお金をかけるという行為にのめり込みました。だって可愛いんだもん、七瀬。
 
大学を卒業後、社会人になり女子ドルヲタたのしー!生活も4年が経った2014年6月、わたしの俗に言うリア垢に、大学時代のE先輩のあるツイートと凄まじくハンサムな男性がキラキラとした衣装を着て歌う画像が流れてきます。
 
「お友達とA.B.C-ZのライブDVD鑑賞会!ライブ初めて見るんだけど、トッツーっていまこんなに男前なのね!」
 
トゥインクルコンサートのAttraction!でサインボールを投げる戸塚くんの写真だったことは今も覚えています。というかもう機能させてないリア垢のいいねにまだその時の呟きが残っています。
E先輩が大学時代から嵐の二宮くん、そしてジャンプの八乙女くんのファンだったことは知っていて、社会人になってからズブズブのジャニヲタになっていたことをその時に知ってそれもびっくりだったんですが、
数年ぶりに聞く"トッツー"というあだ名と、携帯のカメラを通した為に画質の荒い画像からでも十分にわかるほどの横顔の美しさに胸が半端じゃなくトキメキました。
 
そのままSafariを開き、すぐさま画像検索、彼の素性を調べ、次の日にはそのコンサートDVDと、彼らのデビューDVDである『Za ABC〜5stars〜』をAmazonさんで頼み、えびちゃん5人の身体能力の高さ、純粋すぎるほどの人間性を5人が5人全員持ち合わせているという奇跡、そして戸塚くんの笑顔に人生二度目の恋に落ち、そこからわたしのえび担、戸塚担人生が始まりました。
 
この2年、えびちゃん、戸塚くんを見つけられたお陰で毎日楽しくて、この人たちの為ならお仕事頑張れる!って思える気持ちを持てた自分が嬉しくて、幸せで。
 
これからもずっと5人のこと、戸塚くんのことは好きでいたい。応援していきたい。
って思える人たちに出会えたこと、戸塚くんをもう一度好きになれた時のこと、ずっと忘れたくないな。
いつもありがとう、これからもよろしく。